オリジナルバッジに関することならおまかせを

缶バッジといえば、今も昔も多くの方から親しまれているアイテムです。イラストだけでなく、写真や文字など、色々なタイプのものがあり、そのサイズも小さなものから大きなものまで様々です。おしゃれのワンポイントにもなりますし、個性を出すことにも一役買ってくれるため、中には自分でオリジナルのバッジを作成する方もいらっしゃいます。自作のバッジといえば難しそうに聞こえるかもしれませんが、実は案外簡単に作ることが出来るのです。材料費もあまりかかりませんし、どこの家庭にもあるような道具以外の物はほとんど使わないので手軽にオリジナルグッズを作ってみたいという方には非常にお勧めです。オリジナルバッジを作る方法にもいくつか方法がありますので、それらを紹介していきます。

くるみボタンのパーツを使って作成しよう

100円均一や手芸店に行けば簡単に手に入れることができるのがくるみボタンのパーツです。元々は布でオリジナルのボタンを作るためのものですが、これを使えばバッジも簡単に作ることが出来るのです。くるみボタンには様々なサイズのものがあり、それらには必ずそのサイズに合った型紙が指定されています。そのサイズに合わせて作りたいバッジの画像を用意します。本来は布用ですので、お好きな生地を使うのもいいですし、刺繍を施してみるのもおしゃれです。もちろん、普通の紙でも作ることは可能で、その際には光沢のある紙を使用するとよりきれいに見えます。後は打ち具と言われる道具でパーツを組み合わせるだけです。ボタン用の縫い穴が付いていますので、ボタン穴に安全ピンを通せばオリジナルバッジの完成です。

より本格的なバッジを作りたい場合には

最も簡単なのがくるみボタンパーツを使用する方法ではありますが、紙の種類や印字方法によってはシワが寄ってしまったり、きれいに見えなかったりする場合もあります。シワのないバッジを作る方法としては、引っ張ると伸びる特殊な印刷紙にプリントするという方法があります。光沢もありますし、ピンと張るためとてもきれいに仕上がります。また、デコパージュにより転写するという方法もあります。デコパージュの道具は100均などでも手軽に購入することが出来ますし、印刷物とは違う風合いになりますので、より個性的なものに仕上がります。完全なオリジナル缶バッジを作りたいのであれば、割高にはなりますが専用の缶バッジ作成キットを使うという手もあります。最近ではノベルティ専門店や印刷専門店などでもオリジナルバッジを作ってくれるところがありますので、大量に作りたいという方にはこちらもお勧めです。